スティナビリティレポート2016-2017


サスティナビリティレポート2014-2015


サスティナビリティレポート2014-2015 GRI指標


サスティナビリティ


サスティナビリティは、アクサルタの事業の中核を成すものです。アクサルタが意味するサスティナビリティとは、事業から生じうる環境的、社会的、経済的な影響などを広範に指し示しています。アクサルタの事業の成長と成功のためには、常に周囲に配慮し、熱意をもって事業に取り組むことが大前提です。

アクサルタの35の製造センターでは、環境・健康・安全についての厳格な規定を設け、あらゆる業務から生じる影響を最小化するように施設を運営しています。また、アクサルタの塗料は、お客様のサスティナビリティ目標を達成できるように設計されています。製品性能の保持や、業務の効率化、さらには省エネ・廃棄物削減・生産性向上につながるよう考え抜かれているのです。つまりアクサルタの塗料は、保存・保護性能に優れているだけでなく、こうした本質的なメリットも提供しています。例えばアクサルタの低VOC水性紛体塗料なら、対象有害物質の排出が減少が可能です。

サスティナビリティレポート

 

サスティナビリティへの取り組みの一環として、ここではアクサルタの2014-2017年度サスティナビリティレポートを公開します。本報告書は、GRI(グローバルレポーティングイニシアティブ)が最近リリースしたG4ガイドラインに沿って作成されており、GRIのCoreレポーティングレベルに準拠しています。別途発表されたアクサルタのGRI指標では、各GRI指標における達成度が示されています。これらの報告書は、アクサルタの実績を概観できるだけでなく、業績・モニタリング・データ収集に改善の余地がある分野も見ることができます。また、本報告書作成過程で発見された重要課題も特定されています。