アクサルタの2030年ESG目標

ダウンロード(英語版)

サスティナビリティ


サスティナビリティは、アクサルタの事業の中核を成すものです。アクサルタが意味するサスティナビリティとは、事業から生じうる環境的、社会的、経済的な影響などを広範に指し示しています。アクサルタの事業の成長と成功のためには、常に周囲に配慮し、熱意をもって事業に取り組むことが大前提です。

アクサルタの35の製造センターでは、環境・健康・安全についての厳格な規定を設け、あらゆる業務から生じる影響を最小化するように施設を運営しています。また、アクサルタの塗料は、お客様のサスティナビリティ目標を達成できるように設計されています。製品性能の保持や、業務の効率化、さらには省エネ・廃棄物削減・生産性向上につながるよう考え抜かれているのです。つまりアクサルタの塗料は、保存・保護性能に優れているだけでなく、こうした本質的なメリットも提供しています。例えばアクサルタの低VOC水性紛体塗料なら、対象有害物質の排出が減少が可能です。

アクサルタの2030年ESG目標


液体塗料と粉体塗料の世界的なリードするサプライヤーとして、私たちはより持続可能な環境とビジネスを実現するソリューションを特定し、提供する責任を負っています。私たちのソリューション指向のアプローチは、お客様がサステナビリティへの取り組みと成果を加速させるためのパートナーとして、私たちが果たす重要な役割を反映しています。

私たちの新しい2030年目標は、有意義な環境の進展、包括的な社会的価値、強力なコーポレートガバナンスが、アクサルタの事業と成功の中心にあることを反映しています。私たちは、3つの主要な柱の下に構成された私たちの目標を、国連の持続可能な開発目標の中から的を絞ったものに合わせました。

プラネットソリューション

この最初の柱は、地球にとってより持続可能な未来を確保することに焦点を当て、アクサルタの環境パフォーマンスを向上させ、グローバルな事業の影響を軽減することを目的とした一連の目標が含まれています。環境サステナビリティに対する当社のコミットメントの中核は、2040年までに当社の事業においてカーボンニュートラルを達成することを誓約することです。

2030年までにScope1と2の温室効果ガス排出量を50%絶対削減し、電力の50%以上を再生可能資源から調達する。

操業時の廃棄物、VOC排出量、水使用量の10%削減(生産量に換算)

ビジネスソリューション

この第二の柱は、アクサルタの製品、サービス、技術が、お客様の持続可能性への取り組みと達成を加速させるために、どのように最終製品の設計と製造を支援できるかに集中しています。

新技術やイノベーションの開発の80%はサステナビリティに貢献する。

顧客、市場、コミュニティにサステナビリティのメリットをもたらす製品、サービス、ツールの売上高比率を 20%以上増加させます。

ピープルソリューション

包括性、誠実性、安全性、エンゲージメントに根ざしたアクサルタの企業文化を基盤として、この第3の柱は、すべての従業員が成長できる環境を運営・育成し続けることを保証するものです。

- グローバルで管理職の30%を女性が占めること

- 管理職の30%を代表的な人種・民族が占める(米国・カナダ)。

- 良好なインクルージョン指標を設定し、追跡し、改善する。

人権を含む環境、ガバナンス、評判リスクを反映した強固なサステナビリティ基準に照らして評価された主要サプライヤーの割合は100%です。

STEMや職業奨学金を含む「Bright Futures Program」を通じて、500万ドルの寄付を行い、地域社会を支援

毎年、世界のトップ10に入る記録的な災害率を達成し、ゼロ災害に向けて継続的に努力しています。

従業員エンゲージメント調査を毎年実施し、参加率および会社のフォローアップ活動に対する従業員の信頼度が、プロバイダーのベンチマークを上回った 

ビジネス行動・倫理規範の教育を受けた100%のグローバルな現役社員

「私たちは、地球、ビジネス、人々のためのソリューションに焦点を当て、戦略、顧客とのパートナーシップ、従業員エンゲージメントの観点から、私たちを導いていきます。より持続可能な未来を創造し実現するためのこの旅で、世界中の社員、顧客、サプライヤー、その他すべてのステークホルダーと提携できることを嬉しく思っています。

‐アクサルタ 社長兼CEO ロバート・ブライアント

2022年夏に発行予定の次回のサステナビリティレポートでは、当社のESG目標とサステナビリティの進捗について、さらに詳しくお伝えしたいと思います。

サスティナビリティ


サスティナビリティへの取り組みの一環として、ここではアクサルタの2013年度からのサスティナビリティレポートを公開します。本報告書は、GRI(グローバルレポーティングイニシアティブ)が最近リリースしたG4ガイドラインに沿って作成されており、GRIのCoreレポーティングレベルに準拠しています。別途発表されたアクサルタのGRI指標では、各GRI指標における達成度が示されています。これらの報告書は、アクサルタの実績を概観できるだけでなく、業績・モニタリング・データ収集に改善の余地がある分野も見ることができます。また、本報告書作成過程で発見された重要課題も特定されています。