Axalta Booth


アクサルタ、高機能素材WEEK~第3回 高機能塗料展に初出展


塗料メーカーの大手グローバルサプライヤーであるアクサルタコーティングシステムズ合同会社(以下アクサルタ)は、2020年12月2日(水)~4日(金)に幕張メッセで開催される「高機能素材WEEK-第3回高機能塗料展」(小間番号:10-48)へ初出展します。
工業分野で環境に配慮した素材への需要が年々高まっており、アクサルタはそれらを考慮したソリューションを展示会でご紹介します。オール水性塗料のIMRON ®HYDRO、粉体塗料のAlesta®に加え、絶縁ワニスのVoltatex®の3つのブランドを中心に展示します。Voltatex®ブランドでは、日本初披露となる「アメリカの2019年R&D100賞」にも選ばれた熱伝導型含浸ワニスのVoltatex 4224を紹介します。
日本法人代表の上野啓から、「アクサルタで初めての高機能塗料展に出展できたことをとても嬉しく思います。アクサルタは、日本ではすでに自動車補修塗料の認知度は高いのですが、工業分野ではまだまだ知名度が高くないため、今回の展示会を通じて、工業用製品の高品質な製品を広めていきたいです。」


出展内容
・IMRON® HYDRO 水性塗料
イムロンハイドロは欧州と日本国内に実績がある鉄道・バス・トラック等大型車両用の水性塗料システムで、プライマーから中塗り、トップコートまでオール水性化により85%のVOCを削減可能です。

・Alesta® 粉体塗料
Alesta粉体塗料はハイパフォーマンスで様々な製品を取り揃え、バリエーションに対応可能な粉体塗料です。グローバルスタンダードでVOC排出量が殆どありません。今回は屋外用途の高耐候性・光沢保持率が高い製品を中心に紹介します。また、同グレードのボンディングメタリックプロセスで製造したメタリック色は、高輝度・高光沢が可能です。

・Voltatex® 絶縁ワニス
アメリカの「2019年R&D100賞」にも選出された絶縁ワニスVoltatex4224は過酷な条件下での電気モーター使用を視野にいれ開発した含浸ワニスです。耐熱クラスH(220℃)、熱伝導率1.2W/mkと高性能で、一般的なPEIより20~30%の温度低下により小型化・軽量化、且つ様々な含浸プロセスに対応可能で乾燥時間も短いのが利点です。

アクサルタコーティングシステムズ について
アクサルタは塗料に特化し、革新的、カラフルで、美しく持続可能なソリューションをお客様に提供する、世界をリードするグローバルカンパニーです。自動車OEM、商用車両、補修用アプリケーションから、電気モーター、ビル、パイプラインまで、私たちのコーティングは腐食防止、生産性の向上、コーティングした材料の長期品質保持に役立ちます。塗料業界で150年以上の歴史を持つアクサルタは、14,000人の従業員が世界130か国の10万人以上のお客様のために、最高のコーティング、アプリケーションシステムとテクノロジーを提供するために日々、尽力し続けています。詳しい情報は、www.axalta.com/jp をご覧ください。